記事一覧
求人一覧

-薬剤師と薬学生のための基礎知識-

薬剤師の資格と活躍の場とは

2012-12-02 18:54

薬剤師は病院の医師が出した処方せんに基づいて薬を調整したり、薬の飲み方や副作用などを説明したり、薬局や病院などで薬の在庫管理などを行う仕事です。

薬を間違って処方してしまうと最悪生命に関わる事になる場合もある為、薬剤師は国家資格になっており、難しい国家試験に合格して免許を取得した人しか業務を行う事が出来ないです。

薬剤師の国家資格を取得するには、まず薬科大学か大学の薬学部を卒業しなければなりませんが、最近、6年制の課程を卒業した人しか受験資格を得られなくなり、また、薬系の短期大学や専門学校などでも同じく受験資格を得る事が出来ませんので注意する必要があります。

試験は年1回行われており、毎年3月に試験及び合格発表がされます。合格した人は翌月の4月から薬剤師として働き始めるケースが多いです。合格率は80%前後なので、大学を卒業すれば比較的取りやすい資格です。人の健康を扱う重要な仕事なので、薬剤師になるには時間とお金が掛かる職業だと言えます。

「薬剤師の資格と活躍の場とは」の続きを読む